Oct 14, 2017

【10/23】浦久俊彦アート講座【event】

白河市コミュニティ・カフェEMANON 緊急特別講座

若き君たちに捧ぐ 自由になるためのアート講座
~ 大人になるまでに、これだけは知っておきたい3つのアートの鍵 ~

・世界は歌を歌う ~ 宇宙の音楽とソングライン
・神の視点から人の視点へ ~ ルネサンスという人間革命
・モーツァルトと牛タン ~ 誰も知らないアーティストの真実

それは「ビッグバン」からはじまった! 宇宙の開闢から音楽の起源を説き起こす、驚くべき博識に裏打ちされた、壮大なスケールの音楽史『138億年の音楽史』(講談社現代新書)の著者で、第一線で活躍する文化芸術プロデューサーの浦久俊彦氏が、EMAMONに集う若者のために一日だけの特別講座を開講します。困難な時代をいかに切り開いていくか? という誰にとっても切実な問題を、独自の視点で軽妙に語ります。学校では体験できない、スリリングで楽しいアート講座です。

若き君たちに捧ぐ 自由になるためのアート講座
~ 大人になるまでに、これだけは知っておきたい3つのアートの鍵 ~

日にち/10月23日(月)
時間/16時30分~17時30分
会場/カフェEMANON(アクセス
対象/アートや音楽が気になる若者や、関心のあるすべての人
参加費/
お申込み/LINEまたはEメール emanon.fks@gmail.com へ、①お名前、②年齢、③ご連絡先をお知らせください。
締め切り/10月18日(水)まで

浦久俊彦プロフィール
22522454_1447729512014856_191886757_o (1)
文筆家、文化芸術プロデューサー。音楽企画プロデュース「浦久俊彦事務所」代表。パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。フランスを拠点に20年以上にわたり、音楽・芸術分野だけでなく、M.O.F. (フランス最優秀職人)の支援など、幅広く総合文化プロデューサーとしても活躍。帰国後、三井住友海上しらかわホールのエグゼクティブ・ディレクターを経て、現在、浦久俊彦事務所代表。

多彩な分野のアーティストのオリジナル企画を手がけるほか、一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、公益財団法人日仏会館文化事業委員、サラマンカホール音楽監督として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書に『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』(新潮社)、『138億年の音楽史』(講談社)がある。

公式ホームページ:http://www.urahisa.com

著書の詳細はこちら。

「138億年の音楽史」 講談社現代新書 浦久俊彦/著 価格 840円(税抜)
無題ぜひご参加ください!

Posted in event, newsNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment