Mar 3, 2017

【旬な協力隊】棚倉町産とちおとめのカスタードタルト【cefe】

棚倉町産とちおとめのカスタードタルト

2017年3月3日販売開始

福島県内の地域おこし協力隊有志と、コミュニティ・カフェ EMANON が、カフェを使って各地域の魅力を月代わりで伝えるプロジェクト『旬な協力隊』。

第6弾、3旬の協力隊チラシ_棚倉町月のメニューは「棚倉町産とちおとめのカスタードタルト」 。

棚倉町地域おこし協力隊・増成貴弘さんが持ってきてくれた地域の魅力は、須藤農園のとちおとめ。旬のいちごをぎっしりと、アー モンドクリームとカスタードクリームの乗ったタルト生地に並べました。3月いっぱいの限定 メニュー、どうぞカフェでお楽しみください。

DSC_0320_small

 
限定メニューは、どちらも2017年3月末までの販売予定。どうぞ、お楽しみください。

棚倉町産とちおとめのカスタードタルト

主な産地  とちおとめ(棚倉町産) 小麦粉(福島県産) 卵(中島村産) ミント(三春町産)

※企画の内容、価格、原材料等は、予告なく変更することがあります。情報は、記事掲載時の情報となります。

 

旬な協力隊とは?

福島県内の地域おこし協力隊の有志が、月替りでコミュニティ・カフェ EMANONと協力して、各地域の魅力を発信。互いに魅力を知ることを通じ、福島県で遊んだり暮らしたりすることをもっともっと、楽しくすることを目指します。2016年10月からスタート。

旬の協力隊チラシ_棚倉町2

プロジェクトについては、コーディネーターである棚倉町地域おこし協力隊・増成貴弘まで。

県産食材のアレンジレシピを開発するのは、食の魅力化プロデューサー青砥侑紀。

現地取材・調査と情報発信を担当するのは室長こと、青砥和希。

(上記2名へはコミュニティ・カフェ EMANONまでお問い合わせください。)

Posted in cafe, newsNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment