Jul 11, 2017

【07/22 event】公開シンポジウム:高校生世代と地域協働 – ふくしまからはじめよう、地域での実践教育 –

コミュニティ・カフェ EMANONを運営するEMANON準備室では、

公開シンポジウム:高校生世代と地域協働 – ふくしまからはじめよう、地域での実践教育 –

を、2017年7月22日 16:00〜より開催いたします。

いま、なぜ地域との協働が高校生世代を中心に叫ばれているのか?

数年前までは変わり種の取り組みであった「地域と高校生の協働」 は、いま、地方教育改革の中心の軸になろうとしています。ふくしまでも勃興しつつある、地域と高校生世代の協働の意義を、行政学や教育学の立場、そして現場での実践者の立場から、一緒に考えましょう。

Shirakawa Weekを経て、EMANON準備室、そして新しい取り組みである裏庭プロジェクト、「しらかわ6次化マルシェプロジェクト」。白河での高校生×地域の取り組みに加えて、西会津町のフフフッスイーツ プロジェクトや、南相馬市小高を舞台に活動するLive Lines Odakaのメンバーたち。

真剣に地域と高校生をつなげようとする取り組みが、より良質で価値あるものになるように。地域や教育に携わるみなさん、あるいは現役高校生のみなさん、一緒に議論をしませんか?

当日参加可ですが、事前にお申し込み頂けるとスムーズです。皆様のご参加を広く、お待ちしております。

名称未設定-2

《日時》 2017 年7 月22 日 土曜日  16:00 〜18:30

《登壇者》

水畑 順作 様(新しいキャリア教育研究会・共同創設者)

小川 悠 様(一般社団法人iClub 代表理事)

Live Lines Odaka メンバー(代表・伏見空翠様)(原町高校高校生ら)

白河実業高校農業科畜産専攻(第3学年)杉浦ゼミメンバー

白河市高校生有志「裏庭編集部」メンバー

星 浩次 様(白河市教育委員会教育長)

髙橋 正人 様(福島大学教職大学院教授)

《司会》

ファシリテーター 青砥和希  (コミュニティ・カフェ EMANON)

進行 舞木光(元教員/(株)コンセプトビレッジ社員)

《お申し込み》予約不要当日参加可ですが、会場でのスムーズなご案内のため、事前申し込みをおすすめします。また、懇親会もございます。

▶︎参加希望の旨を、emanon.fks@gmail.comまでメールください。

▶︎高校生の方:EMANONのlineへのメッセージでもOKです。

▶︎Facebookユーザーの方:イベントページの参加ボタンでもOKです。

《次第》

16:00 開式

16:02 主催者あいさつ 青砥和希

16:05 基調講演1 水畑順作 様

16:35 基調講演2  小川悠 様

17:00 コメント(星教育長・高橋福島大大学院教授)

17:15「 わたしたちのこれまでと、これから。」  高校生3グループによる自己紹介と展望 各8分

17:15 白河市「裏庭編集部」発表  パネラー4人からアドバイス(以下2グループも同)

17:35 南相馬市小高「Live Lines Odaka」発表

17:55 白河市「白河実業高校農業科畜産専攻」発表

18:15 会場との質疑応答等

《開催場所》 マイタウン白河 地下大会議室(961-0905 福島県白河市本町2)

《懇親会》 また、閉会後19:00 頃より、市内にて懇親会を予定しております。

参加ご希望の方は、emanon.fks@gmail.com までご連絡ください。

《主催者》 EMANON 準備室(コミュニティ・カフェ EMANON 運営団体)

後援:白河市・白河市教育委員会/本事業は、福島県教育委員会子どもがふみだす ふくしま復興体験応援事業補助金を活用した「しらかわの高校生による6次化マルシェプロジェクト」の一環で行うものです。

Posted in event, news, projectNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment