about

コミュニティ・カフェ EMANONについて

コミュニティ・カフェ EMANON(エマノン)は、No nameの逆さつづりから名付けられました。

2015年、当時大学院生であった青砥和希を中心として、高校生のためのサードプレイスをつくるための団体「EMANON準備室」を設立。1年間をかけて、白河市中心市街地にある築90年の古民家をリノベーション。高校生、大学生、地域の方の力で、2016年3月にオープンしました。

以来、「高校生びいきのカフェ」として、日常のカフェとして、地域の中の交流場所として、地域の情報を発信する拠点として、高校生が活動する基地として、活用されています。

高校生は、注文しなくてもカフェを使うことができます。注文する場合も、高校生向けの学割価格で提供されます。一般の方への飲食物の販売価格の一部は、高校生の活動を支援するために活用されます。

白河・福島の方の利用はもちろん、観光・帰省でのご利用も歓迎です。電源やWi-Fiもあるので、ノマドワークや読書にもご活用ください。その他、貸し切りでの利用や、音楽・演劇・展示イベントの場所としても活用できます。ご相談ください。

EMANON_パンフレット_web

【すごす:カフェとして】

まちのカフェとして、コーヒー・ソフトドリンク・お菓子を用意しています。白河の街で購入したお菓子やパンの持ち込みも歓迎です。DSC_0089

【まなぶ:自習場所として】

高校生・大学生は、カフェカウンターで会員証を作成することで、注文しなくても無料で施設を利用することができます。もちろん、カフェメニューをオーダーいただいても大丈夫です。(学割が適用されます。)

ゆっくりひとりで勉強することも、グループで相談をしながら勉強をすることもできます。オンラインで大学生と相談できるイベントや、白河在住のALTの先生とお話できるイベントもあります。

【つくる:活動拠点として】

文房具や工具、PCやカメラなどを貸し出します。高校生の活動を支援します。活動したいことや、いま困っていることはいつでも相談してください。

【つぶやく:何かの、きっかけに】

誰でも書き込めるホワイトボード「まちのつぶやき掲示板」や、ミニホワイトボード #boardEMANON などがあります。

そして、スタッフはいつでも、学校のこと、家庭のこと、地域のこと、活動や進路のことをつぶやいてくれることを歓迎しています。

【やってみる:安心できる挑戦の場所として】

高校ではできないこと、これまでの人生ではやってみたことがないこと。

どんな小さな一歩でも、「やってみたい」「やってみようかな」と考えている高校生の背中を押します。スタッフは、いつでも高校生のそんなつぶやきを歓迎しています。どんな時でも気軽に、話しかけてみてください。

高校生とつくるフリーペーパーや、他県の高校生との交流、高校生主催のイベントや、大学教授とのディスカッションなど、これまでEMANONで活動してきた大学生の先輩が相談に乗ることもできます。

イベント情報については、こちらをご覧ください。

【レンタルルームとして】

レンタルルームとして、一部の部屋もしくは建物全体を貸し出すことができます。使用可否は用途によりますので、詳しくはお問い合わせください。また、壁面を利用して展示を行うこともできます。

EMANON_改修平面(2F図面)

EMANON_平面図_1_100(2F図面)

【施設名称】コミュニティ・カフェ EMANON

org-top

【住所】福島県白河市本町9

【開業】2016年3月4日正式オープン

【事業主体】一般社団法人 未来の準備室

【事業委託者】白河市

【お問い合わせ】0248-57-4067 / staff@junbishitsu.jp